« 2011年10月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月30日 (月)

2012年1月27日(金)18:30~21:00

連続研修会 その①「地震への備えについて考える」

Photo_10

<講師> 大西 一嘉 氏(神戸大学大学院 准教授)

<参加者数> 38名

 最初に、用意した資料に基づき、「防災・減災」についての説明があった。

・災害は思いがけない形で起こるため、全部に対策を立てる事は出来ないが、被害を最小限に抑える努力をする事が大事。

・防災対策は巨額の費用を要するが、その効果は見えにくい。

・減災対策とは、イチロー選手のようなもの。総合力が大事。

・障害者は避難するのに時間がかかる→災害の具体的イメージを持つこと→どうやって、助かるために早く行動するか?

●災害の具体的イメージを持ち、自分が納得できる解決法、ルールを決めておく事。

<グループワーク>「その時、あなたはどうする・・・・」

「大地震で、津波警報が出た。車で寝たきりの高齢者の安否確認と救出に回り、二人の身柄を確保したところで、津波到達時刻が近づいた。まだ、海岸近くの家が一軒未確認だ。あなたは安否確認に向かうか?」

・・・という状況設定で、あなたはYESか?NOか?

どちらかに決めた後に、何故そう判断したかについてグループの皆に話す。その「あなた」は、自治会長だったり、ホームの職員だったり、その人の立場で考える・・・というグループワークだった。その他、いくつかの例についても、同じように判断する。これが、結構悩む。実際は、その時の状況によって答えは変わるのだろうが、このように「その時の判断」をする練習は必要だなと思いました。

参加者それぞれは、まじめに悩みながら、考えた研修会でした。(文責 渡部)

2012年1月25日 (水)

連続研修会のご案内

その① 「地震への備えを考える」 

2012年1月27日(金)18:30~ 中社協 多目的研修室

講師 大西 一嘉氏 (神戸大学教授 国土交通省委員 震災連鎖研究委員会委員)

※ 参加申込は締め切りました。

その② 「権利擁護について考える」

2012年2月9日(木)18:30~ 中社協 多目的研修室

講師 高山 直樹氏 (東洋大学社会福祉学部 教授)

その③ 「障害者自立支援法つなぎ法案について」

2012年3月9日(金)18:30~ 中社協 多目的研修室

講師 鈴木 和男氏 (横浜市健康福祉局障害企画課)

●お問い合わせ 中社協 電話 045-681-6664

 担当 木下(きした)

八巻さんについて

八巻まさのさん。昭和49年12月4日生まれ。

 区障連の事務アルバイトをし始めた時は31歳でした。「彼女は心臓に障害があり普通には働けないのだが、まだ若いのでできる仕事を探している」という事で、確か中区役所の人からの紹介だったと思う。初めて会った時の印象は、「ほっそりしたとても笑顔が素敵な人」でした。私は、どういう配慮が必要なのかも良く分からずに、仕事をしてもらいましたが、とてもまじめに一生懸命働いてくれました。その彼女が、ある時から体調を崩して休みました。それからしばらく休みが続きましたが、彼女からの暑中見舞いには「私の体調もだんだんと良くなり、自分では順調と思っています。皆様も体調を崩さぬよう夏を乗り切りましょう」と書かれていました。 しかし、その後、会えないまま彼女は亡くなりました。

 ご自宅にお線香をあげに伺った時、ご両親が「娘は、仕事に行くのを楽しみにしていました」と話して下さった。「私たちの方こそ元気をもらっていたんです」とお伝えして、彼女の家を後にしました。今も私の机の上には、彼女が使っていた「八巻ファイル」が置いてあります。

 八巻さんに最後にお願いした事が、区障連のホームページ作りでした。このブログができるまでも随分時間がかかってしまいましたが、彼女もきっと喜んでくれていると思います。

« 2011年10月 | トップページ | 2012年2月 »